紅麹サプリメントコレステロール改善

紅麹をサプリメントで摂り入れることで良くなると言われているのがコレステロールです。

沖縄では豆腐に、中国や台湾では老酒や紅酒の製造原料として紅麹は使用されてきたもので、コウジカビのひとつだそうです。

コウジは味噌や日本酒など様々な醸造食品を作るために使われていたもので、コウジの中でも紅麹は特に鮮やかな紅色をしています。

紅麹に含まれるモナコリンという成分によって、紅麹がコレステロールを下げる成分として話題になっているといわれています。

モナコリンは体内でコレステロールが合成される作用を阻害する働きがあります。

たくさんコレステロールが体内にあると、健康維持には必要な成分とはいえマイナスになることもあるのです。

善玉コレステロールをキープしながら、悪玉コレステロールを減らすことが紅麹を摂取することで可能となります。

中性脂肪を少なくするのにも有効な成分だそうです。コレステロールには善玉と悪玉があり、両方のバランスが重要です。

血管がつまったり、もろくなったりするのが、悪玉コレステロールが過多になってしまった場合です。

紅麹のサプリメントはそれほど知名度が高くないですが、人気が無いかといえばそうでもありません。

これから紅麹のサプリメントはもっともっと利用されるようになることが、コレステロールの改善効果があることから人気が出てくることによって予測できるでしょう。